白い花、白い壁、白い器

水彩画

またも三原色使いで描きました。今回はマッチレインボーカラーという国産の絵の具を使っています。一番右端の列の花が一番光を受けているように見える仕掛けとして、そのすぐ横の列の花をダークな寒色に、背景を後退色気味の暖色の濁色に色面構成。その後、少しづつ細かなディテールを描き込むのですが、毎度同じ絵の具の配合だと単調になるので、意識的に調合に変化をつけながら、表情のある白い花のイメージになるよう意識しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました