すみだストリートジャズフェスティバルにて

sketch event

USK Japanのスケッチ会をジャズフェス会場の一つ錦糸公園で行いました。今日は鉛筆画を描くぞと用意していったスケッチブックに描いてみるもイマイチ。ステージでは次のグループの演奏が始まり、水彩でぼんやり描いてぺんで描き起こしをしてみるもインクが思うように乗らない。時間がわずかになって、今度はボールペンでほぼ一筆書きのように自衛隊の展示してあった偵察用のバイクを急ぎ足で描いてみる。その後一旦集合場所に戻りみんなと合流、みんなの作品を並べてみると、あら、こんな表現いいなあと人の作品のアイディアに惹かれる。昼食をまたいで、後半戦、また鉛筆画にトライ。今度はそもそも構図というか描いた場所からのアングルが面白くなかった。現場は音楽が流れ、楽しむ人たちがのんびりとしていてスケッチにはまたとない好条件のはずなのに、どうも気がせいて納得の一枚ができない。最後の一枚は常々やっていたスタイルで、水彩であたりをとり、仕上げにボールペンで描く、というもの。これは仕上がりはそれほど気に入っていないものの、自分にとって作業的には一番やりやすい。またみんなで集合してそれぞれの作品を並べ、見せ合うと、おお、これは素敵!という表現がいっぱい。なので、この日は人の絵から新しい学びを得ることの方が多かったのでした。暑い日でしたが演奏は心地よく、思うように描けなかったけれどみんなから刺激をたくさん受けて楽しんだ会でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました