公園デビュー

Urban Sketchers Japan

久しぶりに少し外でスケッチしようと近場の公園まで行ってみるけど、じっと腰掛けてゆっくりする気にはなれなくて、立ったまま、ほんのわずかな時間で色鉛筆を数本使い、何も考えずに描こうというお題をこなさんと、ノープランで描き始めてみる。すると自分が何に拘って描いているかに逆に気づく経験となり、考えないというアプローチは色々考えさせられることであると気づく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました