Clip Studio Paintで描いてみるー3

イラストレーション

使い勝手が身につけばもっと効率的に手順よく仕上げられて、もっと絵の中の陰影や奥行きに意識を傾けられるようになるんだろうという気がしますから、できるだけ早くシステム自体の操作方をマスターしたいところです。これも以前描いたモノクロのイラストに着彩したわけですが、モノクロだと、みる人のイマジネーションが加わることで絵の物語が完成するところ、こういう形で着彩するとなると、さらに説明的なディテールをどんどん描き加えていくことになるので、自分で描いた世界の中にあやふやなものがあると頼りにならなくて、立ち止まり、考える時間も長くなり、かつ、この作業はどこをどうするのかを手探りする時間が加わって、格闘の末の今日の精一杯でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました