夜景スケッチ

Urban Sketchers

寝苦しかった夜、ベランダで夜景スケッチ。ミニマルなツールで、暗がりで、手探りで、月と火星がぼんやり輝くさまを脳裏に焼き付けながら描いてみるけど紙がなかなか乾かず、ディテールの描き込みは断念。ほぼ印象派仕上げ。しかし細部を描き込むことがリアリズムなのか?その図が(描き手にとって、の意味で)実際に見た景色を思い起こさせるものならば、その時点で十分リアリズムではないか?という考えを持に至った夜。
(右はデジタル加工で彩度、明度を調整。より現実に見た景色に近い印象)

コメント

タイトルとURLをコピーしました