葡萄とカップとポット

水彩画

時間がなくて、水彩直描きで、ほぼ形をとるのと配色を兼ねた最初のひと塗りか、ウエットオンウエット塗りしただけの、重ねによる陰影だしまでに至らない状態でフィニッシュとした一枚となりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました