紫陽花と百合

水彩画

引き続き、お花が新鮮なうちに描いてみようと思い、今度は水彩直描きしました。右側の2塊に手数をかけすぎ色の新鮮さが失われてしまいました。そこが反省点。手数は少なく、効果的な適材適所なストロークを見極めないといけないな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました