綿と菊

水彩画

桜彩会では、お持ちいただいたモチーフを一緒に描かせていただきました。小菊はなかなか難しく、隙間がある塊としてボリュームを感じさせながら、枝葉を隙間に詰めるように描いています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました