Wink, Squint and Appreciate Urban Sketching ワークショップは極寒の中で

Urban Sketchers

行く前日は18℃、行った日は13℃、ワークショップ当日は7℃とみるみる気温が下がり私は寒風女か?天草まで飛行機がちゃんと飛ぶのか気が気じゃなかったけれど、無事に到着でき、天草のマヤさんと実際に初対面。私が現地でレンタカーで走るのは無理だと泣きついたので、その日からマヤさんがドライバーとしてあちこち乗せていってくれることになりました。行った日の夜はマヤさん宅で夕飯をご馳走になりました。美味しかった!

2日目、宿で朝からしっかりとご飯を平げました。マヤさんのスケッチグループの仲間のなかすさんがヨットをお持ちで、遊覧してくれることになりました!初ヨット上で大揺れスケッチ。船長さん、忙しくロープと操舵を扱いつつ会話は落ち着いて話す様を描き込みました。

午後からはあちこちの面白いレストランやロッジなど、いつか大勢で集まってスケッチ会でも開いたらいいんじゃないかというところを見て回りながら妄想を広げてドライブ。

その後はワークショップの現場の下見に。どっちから陽が登るか、どこでデモをやろうかをシミュレーション。テスト的に描いていると雪混じりの雨が。おかげでスケッチが自然のスパイスで味付けされて趣きが出たようです。
 

その日は珊瑚礁というレストランへ。お子さんたちも一緒に。私は粒牡蠣のカレーをいただきました。これまた美味い!

さらに、Rainというカフェを貸切状態で使わせていただき、次の日にワークショップには参加できないけれど、スケッチ会にはよく参加するという女子中学生3名とマヤさんの息子さんたち2名が参加して、ドリンクアンドドロースタイルのスケッチセッションを行いました。みんな素直でいい子達で、飲み込みが早い!マヤさんも参戦。

3日目、ワークショップ当日。午前中は晴れ間があり、いい感じの光があたり、陰影のクッキリした表情を見ることができました。みなさん、熱心だしよく話を聞いてくれるので、寒さの中でもこんなに綺麗な出来上がりに!寒さ対策で寝袋を持ってきて参加された方は、実は私が宿泊していた宿の方です。

昼はお寿司屋さんで特製のお弁当を作っていただいて、近くの建物で食事させていただきました。
午後からは曇ってきて寒さがひどかったので、水彩は使えないけれど、鉛筆描きならしてもいいという建物を使わせていただき、暖房の入ったお部屋でさせていただきました。水彩は外のテラスでデモをするところを見ていただき、後は持っていった古いスケッチブックを見ていただきながら、どう描いたかなどお話しするスタイルのワークショップとなりました。

Wink, Squint and Appreciateのフレーズがprayerのように描いてる途中でふとした時に思い出せて、比率や濃淡を見極める手助けになったらいいなと思います。

さらに、気づきや情報をスケッチに書き込んで、後で見た時にどんなことを考えたか思い出せて、再体験を自分も見るひともできるAppreciateの要素も楽しんでいただけたらと思います。


その夜はフレンチレストランPICASSOでコースをいただいたり(ご馳走していただきました!)屋根裏という名の喫茶店・ギャラリーでまったりと仲間が集うところにお邪魔させていただき天草ナイトに浸りました。

そして駆け足だった天草滞在は次の朝7:40のフライトに乗るために、宿の方にもマヤさんの送迎にもご負担をかけて急足で過ぎたのでした。しかし次の成田行きの便は福岡空港夜19:00発なので10時間くらい暇を弄ぶことに。
福岡空港から地下鉄ですぐの中洲川端というところに面白い建築デザインのホテルがあるというのをUSK Japanのスケッチ投稿で見ていたので、それを描きに行こうと決め行ってみました。外で立って線画で描いて見ましたが、あとはもう寒くて我慢できなくなり、とりあえず駅そばのカフェベローチェで軽く食事をし、どこか体が温まるところへ行こうと温泉を探したけれど近場で安いところが見つからず。でも駅のそばにスポーツジムを発見し、ジムなら体を動かして暖まれるし、時間も潰せるし、お風呂も入れるので行くことにしました。(お風呂はなかったけれど、シャワーとサウナがありました)帰りの便は何事もなく、無事に成田に到着できました。

今回は寒くて曇っていて夕日もみることができなかった天草でしたが、この土地のおおらかさや魅力は大いに感じることができ、ぜひまた違う季節に訪れて見たいと思いました。また、天草チームが今後色々な人との繋がりやアイディアでさらにスケッチを通じたイベントを企画して、より面白い会をやってくれることを確信しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました