水を張る前の水田

スケッチ画法

ひまわり会では水田のそばまでスケッチに出かけました。今回自分は色付きの紙(クレールフォンテーヌ社のPaint ONシリーズ)2種類に同じ景色を違う表現で描きました。

デニムブルーという色の紙にはdermatographと水彩でフォルムをブロック分けして、各エリアに色を乗せた後にインクで細部を描写。

ブラックの紙にはdermatographの線のみで、黒板ににチョークで描くような感じで、色が混ざってつぶれた印象にならないような仕上げとしました。このやり方をしていると、エスニックアートはもしかしてこういう形で、コントラストとシンプルな記号的表記により意識して、写実は優先させないようにしたのかなとふと思いました。絵の中にスケッチする会のメンバーを描き入れています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました