スケッチ画法

Nature Journal

Nature Journal

日本ネイチャージャーナルクラブ代表の小林絵里子さんのお誘いで「パン・パシフィック・ネイチャージャーナリング!ライブオンライン」と言うカリフォルニア、シドニー、日本をZoomでつなぐ オンラインでのイベントに参加させていただきました。 ...
スケッチ画法

元旦・我が家のお節

酢の物が好きなので、ナマスと酢牛蒡は必ず登場。(今年は作らなかったカブの酢漬けと、大根の生姜巻きの酢漬けも我が家の定番。)数の子とあおばた豆、田作、鈴廣のかまぼこ、雑煮、煮物。水彩でざっとあたりをとり、万年筆で線を書き足し、インクが水溶性...
cretacolor

A cup of tea and a piece of cake

今年お気に入りのケーキ屋を見つけたのでクリスマス用にショートケーキを購入。夜まで待たずに昼間に食べた。その前にCretacolorの鉛筆類で、ハーネミューレの色付きスケッチブックにスケッチ。今年の美味しい思い出を何度でも脳内反芻(ならでき...
cretacolor

新聞紙の再生紙にCretacolorで描く公園スケッチ

日差しが強くて眩しくて、明暗、空気遠近がプラン通りじゃなくて、むしろ感じるままに強弱をつけて行ったらうるさくなった仕上がりとなりました。
Faber-Castell製品

立川散策

新しいスケッチブックと鉛筆類の描き味を試しに昭和記念公園とTachikawa Stage Gardenのエリアを歩きました。cappuccino色のトーンペーパーを活かす表現をもっと探したいと思います。
Urban Sketchers

反面教師的失敗作を描く

写真と見比べれば、空間の歪みがあることがわかります。相対的比率を意識しないでフロースケッチしてみました。それはそれで面白いんですが、もしこれが大聖堂の中とかを描写したものだったりすると、比率の確認をしないと残念な結果になりやすいということ...
Urban Sketchers

ポスターカラーと万年筆を使って描いたけれど、順番は逆の方が良かったみたい

Color First, Line Nextのメソッドはボールペンと水彩のときはよくやる描き方でしたが、万年筆を使う時は、ことにポスターカラーみたいな絵具より先に線を描いた方が楽にスムースな線を出せたと途中で気付いて、しかし描き始めてしま...
Urban Sketchers

ポスターカラーを使ってのスケッチ

さらり描きなら彩度の高いポスターカラーでもちょっと色味を足すのには充分です。 レストランでちょこっとスケッチ。でも、今時は飲食店でのスケッチはよした方がいいのかも、と思いました。
Urban Sketchers

ウォーミングアップ的スケッチ

ガッツリ系、キッチリ系のスケッチと対極の、グデグデながらスケッチ。短時間で色数も少ないツールで、音楽で言うなら一曲演奏すると言うよりあるフレーズを何度も練習するような、そんなひと時を面白がって。
Urban Sketchers

水彩でランダムにペイントした色紙を作り、それに描く

白い紙を色紙にカスタマイズして、そこにスケッチしました。横縞な紙は家並を描くのにいいんじゃないかと描いてみたのですが、描き込みし過ぎてしまったよう。もっと線だけで描いてみても良かったかなと思いました。カオスな赤い紙の方は黒い線画だけ足した...
タイトルとURLをコピーしました