スケッチ

Urban Sketchers

夜景の180°パノラマを描く

またも使用済みの水彩紙(元絵はテーブル上の見開きの本を描いたもの)の上に夜景をボールペンで描きました。左右の消失点目がけて魚眼風にたわめたパースに描く180°のパノラマの描き方はUrban Sketchersのシンポジウムでシンガポールに...
スケッチ画法

急な坂道を描く

桜彩会では外に出てスケッチしました。この坂道は以前も描いたことがありますが、先がカーブしていて、正面には高台があり、坂の中心の家の土台は家が水平に建つように勾配に合わせて傾いている様子が、見ていて面白く、道幅に対する奥行きの比率に対してガ...
Urban Sketchers Japan

築地にて、そして渋谷

Urban Sketchers Japanのスケッチ会で築地本願寺に行き、(参加者の多くがその本殿の姿を写生していた中)自分は狛犬2体を描いてみました。翼のあるその姿、身体中羽毛の意匠がついていて、リアリズム感もあるけれど洗練されたシンプ...
Urban Sketchers

香港ミニチュア展in丸の内→新丸ビル

東京駅近くのKITTEの一階で展示していた香港のミニチュアの展示を見学。そのものをそばで描くのは他のお客さんに悪いので、2階から見下ろすアングルで、スマホのお絵かきアプリで描いてみた。 その後、4階の旧駅長室からの眺めを今度は水彩で...
スケッチ画法

Copicで12分で描いたskyline

待ち時間で窓の外の景色をできる限り描写してみた。手を動かしているだけで時間がどんどん経ってしまうので、丁寧な比率やアングルを測ることはせず、どんどん描き進めた。そんなわけで、デッサンが狂っているのはやむを得ず。4色使いの勢い描き。うまくい...
日々スケッチ

雨の日のショッピングモール

雨を凌ぐ通路下で、噴水と雨粒が作る水紋を眺めて描いてみた日。雨でなければショッピングや買い物も欲張ってたんでしょうが。 紙:クレールフォンティーヌのNatsural 画材:万年筆、カラーペンと白のdermatographを使用...
ぞうさんペーパー

ぞうさんペーパーを作った方と初対面

ランチミーティングで、お話を聞かせていただいたぞうさんペーパーやWild Pastelの会社michi corporationの社長さんのお話のスケールの大きいこと、楽しいこと!喫茶店の窓からの眺め(Rodia Touch marker ...
cretacolor

隙間時間に描いたもの

新幹線の中で、レストランで、公園で。 ペットボトルの首から上を切り取ったペンケースは背の高いマーカー類が収まり、バッグの中で立たせて置けるのでハンディーです。
RHODIA Touch

RHODIA TouchのCARB’ON Bookの紙を試す

真っ黒な紙にスケッチ。プロダクトデザインのレンダリングなどに使うような紙なんだとおもいますが、やったことない試みでどんな絵になるかな、と描いたのがこれです。大和にあるシリウスの一階の様子。 
Urban Sketchers

クリニックにて時間潰しに一枚。

モニターのオリンピックのハイライトシーンを眺めつつ待つ間に描いてみた。
タイトルとURLをコピーしました